空撮について

〜 空撮業務 〜

Air Fleetでは、2000年より、モーターパラグライダーを利用した空撮を行ってまいりましたが、近年、GPS制御のマルチコプターが登場する事で、空撮のテクノロジーが劇的に進化しました。

〜 ブラシレスジンバルの出現 〜

2013年にはブラシレスジンバルが登場。圧倒的なパフォーマンスを得るに至ります。

〜 FPVフライトの進化 〜

FPV(First Person View)とは、機体に搭載したカメラ映像をトランスミッターで飛ばし、オペレーターの手元でモニターする技術です。
液晶モニターや、液晶ゴーグルでモニターする事で、数百メーター、数キロ離れた機体からリアルタイム映像を受信し、あたかも機体に乗っているかの様な視界を得ることが出来ます。
実用的なFPVが利用可能になった事で、撮影画角のモニタリングが飛躍的にアップしました。